【ジネンカフェVOL.125
日時:8月4日(土)14:00~16:00
場所:くれよんBOX
ゲスト:高野 仁美さん(
【パンで幸せのお手伝】株式会社 永楽堂】
タイトル::地域コミュニティの中心としての喫茶店の可能性
参加費:500円(カフェ代別途)
   
平成30年度通常総会
日時:7月14日(土)14:00~15:00
場所:まちの縁側GOGO!(名古屋市東区代官町29-18柴田ビル1階)


   
【「(仮称)延藤文庫基金」ご協力のお願い】

  お申し込みは、こちらのフォームからお願いします。延藤文庫基金お申し込み
  お問い合わせは、こちらへお願い致します。延藤安弘先生を偲ぶ会実行委員会
 

   
平成30年度の活動について

本日NPO法人まちの縁側育くみ隊の平成30年度通常総会が開催され、無事全ての議案について承認されました。(詳しい報告や役員名簿等は追って公開しますので、いましばらくお待ちください。)
 平成29年度のまちの縁側育くみ隊は、中部圏を中心に、地域活動の支援、公共空間の参加のデザイン、まち育て拠点の運営、学習会、ジネンカフェ等に、あつい志と専門性をもって取り組んでまいりました。とりわけ、名古屋錦二丁目長者町地区のまち育て活動を2004年にスタートさせ、<まちの会所>を開設してからは10年が経ちました。風の人としての関わりから、「自分たちのまちは自分たちで守り育もう」という現場の担い手、土の人としての自覚をもつことは、同時にまちの森羅万象の問題の中に身をおくことでもありました。このまちが成長をさせてくれました。
 今後、いよいよ地域一体でまち育てを持続させるエリアマネジメントの仕組みが立ち上がろうという時、2月8日に延藤代表が永眠されました。振り返れば、本日参加した理事を中心とする人たちも現場も、延藤先生による出会いのデザインあってこそです。次は残された私たちが、意思を次世代にとりむすぶ役割を担います。そのために、5月12日の偲ぶ会で「延藤安弘文庫基金」を立ち上げました。研究室OBOGや全国の協力者に呼びかけ、次世代へ繫ぐ準備の活動を今年度スタートさせます。
 さいごに、沢山の出会いという発展性をもった糧を残して頂いたからか、総会はとても明るい雰囲気に包まれました。見通しの立たない事も多くありますが、延藤先生の「見えない未来を見えるようにする」という意志と楽天性をもって、今年度もまちの縁側文化を豊かに育みたいと思います。

平成30年度7月14日 NPO法人 まちの縁側育くみ隊 代表理事 名畑恵

※「故・延藤安弘先生を偲んで」へのリンクは、リンク集に移しました。

連絡先
まちの会所
〒460-0003
名古屋市中区錦2-13-1
宮本ビル4階
Tel / Fax 052-201-9878
E-mail info@engawa.ne.jp
HP http://www.engawa.ne.jp/



© 2005 NPO法人まちの縁側育くみ隊All rights reserved.